怒りっぽい・乱暴な4歳児に一番初めにして欲しい対処法

こんにちは、だるまです。

最近、4歳の長男が怒りっぽいんです。ちょっとしたことですぐむくれます。

それになんだか乱暴。次男のことを押したり叩いたりして泣かせるし。

どうしたらいいんだろう?

子供が乱暴になる原因はいろいろあると思いますが、長男は「満たされない気持ち」も原因の一つでした。

そんなとき、私はまず抱っこするようにしました。

そしたら、だんだん長男の気持ちが落ち着くようになりました。

今回は、「怒りっぽい・乱暴な4歳児の対処法」について順をおってお話しします。

子供の「怒るタイミング」を観察しよう

家での様子は?

子供がいつ・どんな状況で怒りっぽくなっているのかを観察すると、子供が不機嫌になる「原因」がわかります。

子供が怒りっぽいのは、いつですか?

どんな状況が多いですか?

やりたいことがうまくいかなかった?

下の子にちょっかいを出された?

お母さんに怒られた?

どの時間帯が怒りっぽいですか?

まずは子供を観察してみましょう。

保育園・幼稚園の様子は?

日中、保育園や幼稚園に通っているなら、先生に相談しましょう。

日中も怒りっぽいのでしょうか?

私たち親が気づかなかったことを教えてくれるかもしれません。

例えば長男の先生は、

「なんでも積極的で、食事も準備も片付けも、すごく頑張っています」

「でも少し頑張り過ぎてないかな?と思うこともあります」

と教えてくれました。

ガーン。わたし、全然気がつかなかった!!もっといたわってやればよかった!!!

怒りっぽくなる原因を探る

どんなタイミングで不機嫌になるか観察すると、不機嫌になる「きっかけ」が見えてきます。

例えば、長男の場合は次のような感じです。

よくある不機嫌パターン

長男が不機嫌になりやすいのは、保育園から帰った夕方以降。

まず「疲れ」と「眠さ」があると不機嫌になりやすいのです。

さらに、長男が「ママ、一緒に遊ぼう」と言っても、私は夕食の支度などで忙しくしていて満足に遊ばない

長男の不満がたまる

→そこに次男が勝手に長男のオモチャで遊んだり、工作作品をいじったする

→長男が怒り、次男を叩く

私が次男をかばい、長男を注意する

→さらに長男がイライラして私を叩いたり「ばか」だの「キライ」だの言ってくる

→しまいには長男も次男も泣く

というパターンが多いです。

つまり長男の場合は、

  • 長男の満たされない「甘えたい気持ち」
  • 長男にも言い分があるのに、一方的に注意されることへの「不満」
  • 次男ばかりかばわれる「不満」

これらが疲れや眠気と一緒になって、長男を不機嫌にしている。と考えられました。

空腹、疲れ、眠気、不満や余裕のなさは、大人でもイライラの原因になりますよね。

ましてや子供ならなおさらです。イライラが表に出ても仕方ありません。

不機嫌な子を「抱きしめる」

空腹や疲れは、早く夕食を用意したり、休ませてやる必要があります。

が、「不満」「甘えたい気持ち」はそれでは満たされません。

じゃあ、長男が怒りっぽい時、どうしたらいいのでしょうか?

私は、例えば次男を叩いたりしたら、まず一言だけ注意します。

その次にやるのは、「長男を抱っこすること」です。

いろいろ言いたい気持ちはあるけれど、私自身も余裕がないんだけど、それは一旦置いておいて、とにかく一度抱っこする。

すると長男はギューッとくっついてきます。

私は、ふざけてくすぐったり、わざとヒソヒソ話をしたり。すると、長男は楽しそうに笑います。

次男もくっついてきたら、三人一緒にぎゅ~っとやります。

明るい雰囲気になり、気持ちが落ち着いてから、もう一度「叩くのはダメだよ」などと伝えます。

これが私の対処法です。

このやり方にしたら、ただ注意だけしていた頃より、長男が話を聞いてくれるようになりました!

さいごに

さみしさや満たされなさで不機嫌な子はまず「抱きしめる」という、お話でした。

以前は、抱っこしないで、私が真っ向から注意してしまうこともありました。

すると当然、長男はますますイライラを爆発させてしまい、親子でイライラ→ぐったり→険悪なムードに・・・。

抱っこすると、私も心が落ち着くようになりました。

すると険悪な雰囲気はどこへやら。ほんわかムードになります。

結果、早く丸くおさまりますよ。

子供がイライラしたり、不機嫌になったら「抱っこ」「抱き締める」。やってみてください。

最近、よく考えます。子供を抱っこできるのって、あとどのくらいなんだろうって。

4歳ともなれば、重たいし、一人でどんどん歩けるようになったから、抱っこすることって殆どないですよね。

そのうち子供が嫌がって、抱っこできなくなるかもしれません。寂しい。

意識して抱っこ、してみませんか?きっと、抱っこできるのは今のうちですよ。

ではでは、読んでくださりありがとうございました!