【簡単・安い】家での散髪は「思いきり」が大事!0、1、2歳男の子の場合

今回は、「乳幼児(0~2歳)男の子の散髪方法」についてです。

まだ理美容室に連れていくには早いけど、髪の毛が伸びてうっとうしい。そんなときは、 家でバッサリ切っちゃいましょう!

短くすれば、衛生的で、シャンプーも楽。お金をかけずに、それなりの見映えに切る方法をご紹介します。

 

散髪のタイミング

テレビやDVDなどを見せればじっとしてる子は、見せている間に切ります。

毛が散らばってもいいように、入浴中にやるのもひとつの手です。

でも、うちの息子たちのように、起きてる間はどんな工夫をしても散髪を嫌がる場合は、昼寝中に切りましょう。

確実にじっとしているので、やりやすいです。

 

散髪のコツ「一気に、短く」!

所要時間は「10~15分」を目指すつもりで、思いきりよく、一気にやります。

子供がいつ昼寝から起きて嫌がり始めるかわかりませんから、のんびりしてる時間はありません。

長めの髪型だと、揃っていないのが余計目立ちます。うんと短くした方があらが目立ちません

切るときは、一気に、短くやっちゃってください!

 

準備するもの

  • ハサミ(できれば散髪用)
  • いらないバスタオル
  • ビニール袋(切った毛を入れる用)

 

散髪手順

1.バスタオルを敷く

子どもが昼寝したら、バスタオルを子供の頭の下に敷きます。寝かしつける前に敷いておくと楽です。

 

2.髪を切る

子供が熟睡したら、全ての髪の毛を、同じ長さで切ります。私は目分量でいつも1~2センチくらいで切ってます。どこからでも、やりやすい場所からでかまいません。

指で毛を挟んで、地肌に対して垂直に持ち上げ、根本から1センチくらいのところでカット。

この時、ハサミの刃が、地肌と平行になるようにします。

 

3.切った毛は袋に

切った毛は、下に落とさずに袋にまとめます。タオルは敷きますが、なるべく散らばさないようにしましょう。

そうしないと、子供が突然寝返りをして、毛が散乱、子供も布団も床も毛だらけという惨事がおきます。

 

4.そっと頭の角度を変える

出来る範囲を全部切ったら、起こさないようにそっと子供を動かして、残りの毛を切りましょう。

ちょっとくらい長い毛があっても、またあとで切ればいいので、細かくこだわらなくて大丈夫

それより全体を短くすることに集中しましょう。

 

5.完成

こんな感じになりました。

後ろはちょっと不揃い感が強いですが、気がついた時にちょこちょこ整えればOK。

 

6.片づけと補足

バスタオルは捨てます。

代わりに新聞紙やチラシを使ったこともありましたが、ガサゴソ音がして子供が起きてしまうのと、印刷で髪が見えにくいため、うちでは古いバスタオルを使っています。

 

嫌がらない子は、バリカンが楽です。うちにあるのはこのバリカン。

 

アジャスターがついていて、長さ調整が簡単です。肌を傷つけることもありません。

子供たちにも何回か使いましたが、今はもっぱら夫のセルフカット専用になってます。

 

ハサミで切る場合は、「散髪用」が断然切りやすいです。

工作用のハサミで切ったこともありますが、一度に切れる髪の量が少ないし、毛が刃の間に挟まったりします。切ったあとの不揃いなザクザク感も目立ちます。

もし今後、何度か家で切る予定なら購入してみてはいかがでしょうか。

さいごに

子供の散髪方法についてお話ししました。うんと短くすれば、3~4ヶ月くらいはもちますよ。

洗いやすくて、おでこが汗疹になるなんてこともないので、オススメです。ぜひ一度お試しあれ!

ではでは読んでくださりありがとうございました♪

【こども散髪問題】美容室?床屋?セルフ?みんなはどうしてる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です