多忙で不機嫌な夫と、家計について話し合う方法

夫婦けんか

こんにちは、だるまです。

先日、「家計が赤字だと伝えたら、夫の機嫌が悪くなった」というお話をしました。

参考:家計が赤字「夫が不機嫌にならないよう伝えること」の難しさ

夫にも、家計の状況を把握して、一緒に考えてほしい。でも不機嫌になっちゃって、話し合いどころじゃない。

そもそも、ただでさえ忙しい夫。話し合いの時間を作ることも難しい。

そこで、家計の状況をエクセル表をまとめて渡した、というところまでが前回のお話。

今回は「その後」の話。「不機嫌な夫との話し合う方法」についてお話しします。

不機嫌、継続中

あれから何日たったでしょう…なんと彼、まだ不機嫌なんですよ。まいりましたよ。ていうか、そんなにいつまでも不機嫌って、よく続くなぁ。すごいな。

どうしたものかと思いつつも、私も毎日せわしなく家事育児パートをしている身。

夫に「その態度はいかがなものか」と問いつめたり、逆に機嫌をとったりなどは全くしていません。

問いつめたら、もっと不機嫌になりそうだし。子供以上に面倒なやつだとは思うけど、今はそっとして、様子をみています。

話し合いには「データ・資料の提示」が有効

夫は不機嫌な上に、多忙で話し合いの時間もあまりとれない(そもそも話し合いに積極的ではない)。じゃあどうするか。

ここで有効だったのが、私が渡した「エクセル表」などの資料でした。具体的には、エクセルで計算した収支表と、補足説明の文書、手紙です。

彼は不機嫌になりつつも、ちゃんと目を通してくれていました。

そして、私が気づいていなかった家計改善案を示してくれました。わぉ!

今「示してくれました」って言いましたけど、エクセル表に、いくつか改善案を書かれて、返却されただけですけどね。

筆談かよ!!!

と、つっこみたくなる気持ちはおいといて。

なんらかの理由で、夫婦二人でまとめて時間をとって話し合うのが難しい。

こんなときは、筆談形式(それぞれが時間を取れるときに、資料を見て改善案を考えたりする)っていうのは、けっこう良い手なのでは?!と思ったのでした。

もちろん、直接の話し合いは必要です。

でも、話し合いの内容によっては、または、話し合いの一部分だけなど、筆談で済ませられることもあるように思います。

どうしても話し合いが進まないときは筆談(資料のやりとり)、試してみてください。

また、初めからスムーズに直接話し合いができる、大人なご夫婦でも、あらかじめ話し合いたいことを資料にまとめておくと、効率よく話し合いができるのでおすすめですよ。

資料を元に話し合う「筆談」のメリット

感情的にならなくて済む

夫婦で話し合っているうちに、ヒートアップして

「お金が減るのは、あんたが酒飲み過ぎるからでしょ!」

「お前だってアイス食べ過ぎてるだろ!」

なんて、言い合いになることはありません。

向き合うのは「資料」。そこにあるデータと静かに向き合うだけです。

状況を客観視できる

今回、私は、資料をまとめているときに、

「あ、こんなことにもお金使ってる!」

「この項目は、意外とお金かかってないな」

とか、気づくことができました。

相手へ要求を出すだけではなく、自分にできることを、冷静に考えることが出来ました。

時間に縛られない

夜遅くに、お互い疲れてるのに「赤字家計の話し合い」なんて辛すぎますよね。

かといって、休みの日は子供が騒がしくて、話し合いどころじゃないし。

資料を渡しておけば、ちょっとしたすき間時間に家計の見直しをすることができます。各自、時間のある時に目を通すことができるのです。

資料を作るのは面倒ですよね。でも、家計を見直すなら、一度は計算して把握しなければ、どこをどう改善すればいいのかもわかりません。

資料作りで力尽きないように、私もざっくりな計算をしています。あまり難しく考えないでくださいね!

さいごに

何らかの理由(我が家の場合は夫の多忙と不機嫌)で、話し合いが難しい時は「筆談」もありだよ!というお話しでした。

  • データをまとめて、資料提示する
  • 意見出しや考察は、それぞれの空いた時間を使う
  • もちろん、直接の話し合いは必要

データを見せ、改善案を出し合った(筆談だけど)おかげで、徐々に赤字家計がもちなおしてきました!

早く黒字になりますように…。

ではでは、読んでくださりありがとうございました!

 

~あわせて読みたい~

家づくりの前に!「家計簿」をつけたらえらいことになってた話

【格安スマホ】私がワイモバイルにした理由は「故障時に店舗対応してほしい」から

旦那の「俺の○○どこ?」対策。私はあなたの母親じゃない