【家を建てる】簡単基本!住宅予算(資金)の決め方

住宅予算ローン

新しい家を建てたい!居心地の良い我が家で暮らしたい!

でもその前に、我が家はいくら予算を用意できるの?

住宅見学会や、モデルハウスに行くと「ご予算は?」って聞かれるけど…金額が大きすぎてわからない!!!

脳みそフリーズ状態だった私に、一番簡単に教えてくれたのは、あるハウスメーカーの営業さん。

自分たちがいくら住宅に使えるのかわかったことで、頭が「スッキリ」、家づくりが「具体的に」なりました。

今回は、その時教わった「住宅予算の決め方」をお話しします。

これから家を建てたいと思っていて、でも自分たちの予算の見当がつかない方、以下のやり方を試してみてください!

「住宅予算」基本の考え方

私の「住宅予算」はいくら?

住宅予算=「自己資金」+「住宅ローン」(+ある人は「援助」)

という計算で考えます。

まず考えるのが「自己資金」。今ある貯金(もしくはこれから貯められるお金)からいくら住宅用として用意できるのか考えます。

(今の段階では、自己資金はざっくり100万円、200万円とかでいいですが、後々もう少し具体的に考えることになります。簡単でいいので、月にいくら生活費が必要か、計算しておくと役に立ちます。)

自己資金だけで家を建てられる人はそう多くはないですから、さらに「住宅ローン」を組むのが一般的ですよね。

もしかすると親からの「援助」が期待できる方も、いるかもしれませんね。うちは残念ながらないですが。

というわけで先ほどの計算式となるわけです。

住宅予算=「自己資金」+「住宅ローン」(+ある人は「援助」)

じゃあ、住宅ローンっていくら借りられるのでしょうか?

「住宅ローン」は「いくらなら返せるのか」で考える

たくさん住宅ローンを組んで、理想の家を手に入れたとしても、毎月のローン返済に追われたり、生活苦になったら、それは「幸せ」とは言えません。

(可能な範囲で)理想の家を手に入れ、無理のない返済をし、生活を送れることがベストですよね。

「無理のない返済」、つまり「いくらなら毎月払えるのか」をまず考えます。

家賃から考える

例えば、現在住んでいる賃貸の「家賃」。他に家計の見直しなどもして、支払える金額があればそれを足します。

仮に、我が家が月8万円支払えるとしましょう。

住宅保証機構㈱借入可能額の試算(返済額より算出)で、住宅ローンのシミュレーションをしてみます。

(今回は2018年4月現在の主要銀行平均金利(35年固定の場合)、1.378%(価格.com)、ボーナス返済なし、「元利均等法」で算出します。)

シミュレーションの結果、借入可能額「2,664万円」とでました。

仮に自己資金を200万円とすると、冒頭の計算式から

住宅予算

=「自己資金」+「住宅ローン」(+ある人は「援助」)

=200万+2,664万

=2,864万円

となるわけです。これが我が家の総予算ということになります。

家の予算は大きく「3つに分ける」

上記の計算では、住宅予算は「2,864万円」と出ました。

これ、まるごと全部建物に使っていいのでしょうか??

違いますよね。家を建てるには、「建物」の他にも「土地」や「諸費用」にお金が必要です。

では、どういう予算配分にしたらいいのでしょうか?

諸費用

土地や建物のことを先に考えたいところですが、諸経費からいきます。

諸経費は住宅ローン借入に伴う保証料や、土地の登記料、仲介手数料、建物の火災保険料などなどのこと。

場合によって金額は違いますが、ローン借入額の約10%と見ておきましょう。

というわけで今回の場合は「260万円」です。

建物代、土地代

土地と建物、どっちを重視するかで予算配分は変わります。

土地を重視する場合

どうしてもこの場所がいい!という土地があるなら、土地にかかるお金を除いた分だけが、建物にかけられる予算となります。

この場合、住宅建設会社から

「その予算では、希望の家を建てるのが難しい」

「この土地だと、(面積や容積率などから)希望より小さな家しかたたない」

なんて、言われる可能性はあります。

そうならないように、住宅作りのプロ(住宅会社など)からも土地を見てもらってから購入しましょう。

建物を重視する場合

世の中には、土地はもうある~なんて羨ましい人もいますね。そんな人は、建物に残りの予算を注ぎ込めます。

そうでなければ、めぼしをつけた住宅会社などに建物の金額を確認します。

たとえば、我が家の場合。

気になる工務店を見つけたので、メールで問い合わせました。

「土地、建物、諸費用など合わせた総予算が”2,800万円”ですが、家を建てることは可能ですか?」

「建物だけの予算はどの程度必要と考えればいいですか?」

「今までの施工実績から、中心価格帯はいくらくらいですか」

などなど。

その会社からの返答は、

「建物代2400万位の家が多いです。最低2,000万円はみてください」と言われました。

ということは、

総予算2,864万ー諸経費260万ー建物代2,000万=604万円

残った「604万円」が、土地にかけられる予算ということになります。

ここで、土地予算低すぎ!となったら、「自己資金」を見直したり、借入先や金利、返済方法の検討をして、総予算を再計算しましょう。

うちは田舎なので、予算600万でも土地はある!はず!(場所を選ばなければですが)。

さいごに

あくまでも、今回の計算の場合の話ではありますが、少し頭の中スッキリしませんか?

自分たちの予算が大まかにでもわかると、土地選び・ハウスメーカー選びもぐっと絞られてきます。

予算内で話を進められれば、「お金大丈夫かな…」なんて不安になりにくいですし、家づくりを楽しめますよ。

あ!予算はギリギリで考えないようにしてくださいね。あとから追加工事が必要になったとか、思わぬ出費があったり、不測の事態が起きたときに対応できなくなっちゃいますから。

ではでは、読んでくださりありがとうございました!

〜あわせて読みたい〜

いつもの生活するだけで「2万円」手に入れる方法

家計の見直しは保険から!資料請求はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です