4号特例って知っていますか?我が家がローコストHMに依頼しないワケ

住宅予算ローン

こんにちは、だるまです。

突然ですが、「4号特例」って知っていますか?

私は最近、初めて知りました!

「安心・安全に暮らせる家」を建てるために、絶対知っておいた方がいいですよ!

 

4号特例とは

まず、

  • 延床面積500㎡以下
  • 2階建て以下
  • 最高軒高9m以下
  • 最高高さ13m以下

の木造建築物等のことを「4号建築物」と言います。

多くの住宅がこの「4号建築物」に該当します。

 

4号建築物の安全性の確認について

建築基準法上は、簡易的に構造計算する方法(壁量計算・四分割法・N値計算など)が採られています。

 

この簡易的な計算を、

ちゃんとやっていますよ~って、どこかに書類提出したり、

本当に計算している?計算まちがっていない?って、誰かが確認したり、

ってことは、

「建築士が設計した四号建築物」ならしなくてもいい!

んですって!

 

これを「4号特例」といいます。

 

そして、ここからが怖いところなんですが。

建築士が設計(構造計算ではなくてね)した「4号建築物」は簡易的な計算の申請・確認の必要が無い

「4号建築物」は、構造計算しなくてもいいっていう誤解が生まれ、

簡易的な構造計算もしないで、建設される住宅もあるそうなんです!

 

最低限、簡易的な構造計算はしなくてはいけないはずなのに・・・。

 

簡易的な構造計算とさっきから言っていますが、あくまで「簡易的」なわけで。

それすらしていないって・・・こわっ!!

 

構造計算していないってことは、

「構造的に成り立っていない住宅

=倒壊しやすい住宅

=命の危険がある住宅」

と思うのは、大袈裟でしょうか。

 

衝撃すぎた「4号特例」

建築士だから、

大手ハウスメーカーだから、

今までたくさん住宅を建てているから、

必ず「安心」というわけではない。ということ。

じゃあ、何を信じたらいいのでしょうか?

 

だって、私たちは、プロが作っている以上(しかもそれなりの時間とお金をかけている)、大丈夫なものだと信頼して買いますよね。

 

たとえ「法律的には問題ない!」と言われたって、もしかしたらすぐに壊れちゃうような家を作られたら、たまったもんじゃない!

 

しかもその壊れやすい家に住むなんて、考えただけでもムリ!

いのちだいじに!ですよ!

 

住宅建築依頼先の条件

4号特例のことを知ってから、

  • 知識と経験を持っている人(建築士)が、責任を持って構造計算をしている
  • 「長期優良住宅」で外部機関にチェックできる
  • 高い技術を持つ自社大工(もしくはそれに準じる)がいる
  • 知識と経験豊富な人(建築士など)が、現場をチェックしている

が、建築依頼先に求める、最低限の条件となりました。

 

ローコストHMに依頼しない理由

上記にあげた「最低限の条件」を満たすことは、ローコストHMでは難しいからです。

 

私が「家を建てたい妄想」をし始めたころは、

「『ローコスト住宅のハウスメーカー』に依頼しようかな~。

簡単だし、予算がない私たちには金額も魅力的。

たくさん建てている実績があるから問題ないでしょ!」

と簡単に考えていました。

実際、住宅見学会や建売住宅を見に行っていました。

 

でもこの4号特例をしったこと、

その他諸々の考え(また別にお話しします)から、

私たちはローコストHMに依頼するのはやめました。

 

さいごに

私は、建築の専門家でもなんでもない、ただの主婦です。

子どもをのびのび育てられる家を手に入れたいと思っているだけ。

でも、4号特例を知って立ち止まってしまいました。

私は、考えすぎでしょうか。う~ん。

 

というか、家計が赤字すぎて、家どころじゃないんですけどね(;’∀’)

家づくりの前に!「家計簿」をつけたらえらいことになってた話

 

家計を黒字にしたあかつきには、「家作り計画」をスタートさせます!

ではでは!読んでくださりありがとうございました☆彡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です