乳児用ミルクの作りおき・保存について~我が家の場合~

お疲れさまです、だるまです。

赤ちゃんをミルクで育ててると、

「毎回調乳するんじゃなくて、牛乳みたいに注ぐだけで飲ませられれば楽なのに~」

とか、

「作ったのに、飲まない!大量の飲み残し、もったいない!」

とか、

思うこと、ありませんか?

 

他にも、

「飲み残しはあげないようにって言うけど、いつからが『飲み残し』なのよ!」

「人体から出す母乳は冷蔵・冷凍保存できるんだから、消毒して作ったミルクだって出来るでしょ?!」

と思ったり。

 

今回は「調乳済みのミルクの保存」について考えます。

調乳後ミルクの保存

口をつけたミルクの場合

そろそろミルクを飲むかな?と調乳して、一口飲ませたものの、それっきり飲まない…ってことありますよね。

そんなときは、しばらく様子を見て、飲まないようなら、いさぎよく捨てていました。

季節にもよりますし、厳密に何分後まではOKとかは考えなかったですけど、初めに口をつけてから40分後くらいまでなら飲ませていました。

飲まなければ捨てていました。

全く口をつけていないミルクの場合

調乳したけど、一口も飲まない時。もったいない!

そんなとには、常温、もしくは季節によっては冷蔵庫で保存していました。

常温保存は2時間以内、冷蔵保存は24時間以内に消費していました。

(WTO「乳児用調整粉乳の安全な調乳、保存及び扱いに関するガイドライン」を元に判断しました)

常温保存した場合、冷たすぎなければ、そのまま授乳。

冷蔵保存なら、温め直して授乳。

・・・なんて、したこともありましたが、結局捨てることも多かったです。

調乳後のミルクを捨てていた理由

「温め直す」より「調乳する」のが楽!!

なぜ、捨てていたか。

「新しく調乳する方が楽」だし、「気持ちも楽」からです。

 

以前お話ししたとおり、私は調乳に1分もかかっていませんでした。(下準備はありましたが)

なので湯せんやレンジで、「適温に温め直す」方がが面倒だったんです。

簡単な調乳方法は、こちらをご覧ください↓

完全ミルクをもっと楽に!手順の効率化に必要なもの、私はどうやったかの話

保存しているのを忘れる&哺乳瓶がジャマ・・・

これは私だけかもしれませんが、ミルクを保存しているのを忘れて、新しく調乳してしまうことがしばしばありました(^_^;)

さらに、保存しっぱなしで、哺乳瓶が冷蔵庫内に置いてあるのがじゃまだったんです。

哺乳瓶って意外に不安定で、冷蔵庫の中で倒れたりして。

ええい!ジャマだ!捨ててしまえ!って、捨てることが多かったです。

ごちゃごちゃ考えたくない

「これ、本当に飲ませて大丈夫か?」とか、

「これは○時間前に作ったから・・・」とか、

ごちゃごちゃ考えるのも嫌だったんです。

「自分だったら、常温で2時間置いといた牛乳、飲みたいか?自分でも飲みたくないものはあげたくないな」と考えたり。

ミルクはタダじゃないけど、余計なストレスを感じたくなかったんです。

さいごに

うちでは捨てることも多かったですけど、参考になった・・・かな(^_^;)?

今回の話は、あくまでも我が家の場合です。参考程度にしてくださいね。

よりストレスが少なくてすむ方法でやりましょう。

ではでは、読んでくださりありがとうございました!

〜あわせて読みたい〜

【まとめ】完全ミルク育児のすべて

育児のイライラ・悩み・迷いに効く本「子どもの心のコーチング」

めっちゃ走れるパンプス!子育てママにもおすすめ「ドゥクラッセfitfit」