子供のダニアレルギー対策。レイコップ購入前にやるべきこと

こんにちは、だるまです。

このたび、長男がダニアレルギーということが判明しました。

喘息の発作…とまではいきませんが、咳が出すぎて息苦しくなることがあります。

目や肌がかゆくなったりもします。

せつない。

長男のダニアレルギーを知った義母は、開口一番、

「レイコップ買いなさい!」

と言いました。

でも、ちょっと待って。

布団掃除機は素敵だけど、その前にやることがあるんじゃない?

布団ばかり掃除機をかけても、部屋にホコリやダニが多ければ、意味がないのでは?

親としては、子供が快適に過ごせるように、できるだけのことをやりたい。

というわけで今回は、子供がダニアレルギーのとき、レイコップなどの布団掃除機を買う前に、やるべきこと」を整理します。

ダニアレルギー対策に必要なこと

ダニアレルギーの場合、ダニの死骸やフンが体内に入り込むと、それがきっかけとなって、喘息や鼻炎、結膜炎やアトピーが引きおこされます。

どんな家にもダニはいて、完全にいなくなることはありません。

なので、ダニアレルギー対策としては、ダニや、ダニの死骸やフンを、なるべく減らすことを考えます。

ダニや、ダニの死骸・フンは、ホコリなどにも含まれてい ます。

ということで、まず初めのダニアレルギー対策は、

  • ホコリのたまりにくい部屋=掃除のしやすい部屋にする
  • ホコリなどを極力取り除く

とします。

掃除のしやすい部屋づくり

モノを減らす、不用品の処分

不用品が多い

=掃除が行きどどかない

=ホコリがたまりやすい。

というわけで、不用品を処分します。

例えば、最近使っていない毛布やひざ掛け、シーツ。

使わなくなったのに、なんとなく押し入れに入れっぱなしのモノ。

ホコリがたまる元です。

床にモノを置かない

床に物が置かれている

=掃除しにくい

=ダニの死骸などを含むホコリがたまりやすい。です。

もともと家にはソファなどはありませんが、ちょっとモノを入れておくカゴ(なぜか不用品がたまっていく)とか、小物用の棚とか、あるんですよね。

撤去できるものは、片付けるか、処分します。

ダニを減らすために

こまめに掃除をする

モノを減らした上で、掃除。

今までだって、毎日掃除機かけてますけどね。モノを減らしたらよりキレイになるはず。

寝具の掃除機がけ

これ、たまにしかやってなかったので、週に一度、曜日を決めて行います。

うちにあるサイクロン式の掃除機で布団を吸ってみたら、敷布団一枚につき大さじ1くらいのホコリがとれました。キッタナイ!

寝具の洗濯

掃除機かけをする日に、とったシーツ・カバー類を洗濯。

汗をたくさんかいたり、汚してしまったら、その都度洗濯。

その他に、近いうちに「羽毛布団の丸洗い」をするつもりです。

できたらコインランドリーか、自宅の洗濯機でやりたいところです。調べてみて、クリーニングに出すかもですけどね。

実際に洗濯したら、またご報告したいと思います。

空気清浄機をつかう

出産祝いでもらった「空気清浄機」。しまったままでした。

せっかくなので、使いはじめました。

機器等の導入を検討する

ここまでやって、ようやく「レイコップなどの購入を検討する」です。

布団用掃除機について

普通の掃除機でも用が足りると感じれば、布団掃除機は買いません。

まだこの段階には達していないのでお話しできませんが、買うかどうか、我が家なりの結論が出たら、またご報告します。

ダニとりシート

手軽に取り入れやすい「ダニとりシート」。

これはすでに家にあったのに、しまいっぱなしで忘れてました。さっそく使い始めます。

寝具の変更

調べていたら、ダニを通さないシーツを見つけました。

しかもそこまで超高級ってわけじゃない。

そろそろ買い換えなきゃな〜って思っていたので、ちょうどいいタイミング。

まず一枚買ってみて、良かったら揃えたいと思っています。

さいごに

今回は喘息を予防するための「我が家のダニアレルギー対策」についてお話しました。

どうか症状が重くなりませんように…

ではでは、読んでくださりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です