我が家は勝手に「捨てる」!子どもの玩具や工作品の片付け・処分方法とコツ

こんにちは、だるまです。

今回は、「子どものおもちゃ・工作品の処分方法とコツ」についてお話しします。

工作作品って、ものすごい速さで増えて、たまる一方ですよね!

子どもが一生懸命作ったもの、できたら残してやりたいですが・・・狭い家にそんなスペースはない。

だから、うちでは勝手に捨てています

ただ捨てると、子どもが怒ったり悲しんだりするので、それを避けるために、いくつかのコツ・ルールに基づいて捨てています。

工作作品をトラブルなく捨てられれば、部屋もスッキリ!気分も変わりますよ♪

 

1.我が家の方法を試す前に

我が家の工作作品の捨て方は、次の二つの方法でうまくいかなかったご家庭にオススメします。

写真で保存

「工作作品の写真を撮ったら、子どもの気が済んで、作品自体は捨てても平気になった」という方法。ご存知でしたか?

子供も大人もストレスなく処分できますから、これがうまくいけば、写真保存の方法を採用していたと思います。

うちの子に全く通用しませんでしたので、この方法は残念ながら不採用でした。

子どもに意見を聞く

勝手に捨てずに「これはいる?」と子供に考えさせるという方法

おもちゃを片づけるスペースは決まっていて、そこから物があふれたら、減らす習慣がつくという素晴らしいアイディア!

うちでも何度かやりました。

結果は・・・

「全部いる!!!!!」

終了。

これも不採用となり、次からお話しする「勝手に捨てる」方式に落ち着いています。

 

2.勝手に捨てる方法とコツ

①「一軍作品」は、おもちゃスペースに収納

  • 作ったばかりの物
  • しょっちゅう遊んでいるお気に入り

は、いつも遊んでいる場所に片づけます。

さすがに作ったとたんに捨てるのは鬼対応すぎますからね(^_^;)

 

②「その他大勢作品」は、別室にしまう

  • 前は一軍だったけど、もう飽きて遊ばないもの
  • 作って気が済んだ作品

たくさんありますよね。それらは大きな袋などにまとめて、見えないところにしまいます。

 

③一定期間後「その他大勢」を捨てる

一定期間保管してから、ゴミの日に捨てます。

うちでは「一週間~1ヶ月以内」で捨てています。

保管中に「あれどこ?」って聞かれたら出して、一軍入りしています。

 

捨てるときの注意点

「その他大勢」を捨てるときは、絶対子どもに見られないように!

今まで見向きもしなかった、忘れていた工作作品でも、確実に怒りますし、悲しみます。

もし見つかって、「捨てないで」と言われたら、いったん捨てるのは諦めます。「②別室にしまう」からやり直しましょう。

 

⑤思い入れのあるものは自分で保管

「ママにあげる!」とくれた手紙や、お絵かき。キュンときますよね♪

かさばらないものは、いくつか「日付」「名前」「○歳」をメモしてとっておくと、思い出になりますよ。

 

さいごに

子どもの「おもちゃ・工作作品の処分方法とコツ」をお話ししました。

  • 子どもに見つからないように
  • 忘れている作品・おもちゃからどんどん捨てる

です!

全部取っておくのは、現実的に考えて無理がありますからね。

子どもも大人も、なるべくストレスなく処分して、お部屋をスッキリ快適に過ごせるようにしましょう!

ではでは、読んでくださりありがとうございました。

 

手軽に使える掃除機のお話しも良かったどうぞ↓

子どもの工作後・食べこぼしにも!マキタ「充電式クリ-ナー」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です