【里帰り出産】いつからいつまで?準備は?メリット・デメリットの話

里帰り出産、長男の時はして、次男の時はしなかった、だるまです。

今回は「里帰り出産する場合」の話をします。

里帰り出産しない場合についてはこちら↓

【里帰り出産をしない・したくない人へ】準備・心構え・メリット・デメリットについて

もし里帰り出産しようかどうしようか、迷っている方がいたら、参考に読んでみてください。

 

里帰り出産「いつから・いつまで?」

一般的には、35週に入る頃に里帰りし、産後1ヶ月健診が終わってから自宅に戻るパターンが多いです。

でも私は、出産後2か月以上滞在していました(^_^;)

なので3ヶ月半くらい実家にいたのです。長っ!

このあたりは、夫や実家と相談しつつ、お母さんと赤ちゃんの都合に合わせればいいと思います。

 

里帰り出産をした理由と結果

初めての妊娠、出産。何も迷わず里帰り出産を選択しました。

何もわからなすぎて、一人でなんとかするなんて考えられなかったからです。

 

 

 

結果としては、初めての出産では里帰りをして正解だったと感じます。

里帰りをするメリット・デメリット

メリット

  • いつ陣痛がきても対応できる安心感がある
  • 家事の負担がない
  • 育児を手伝ってもらえる
  • 話し相手がいる
  • 栄養のある食事を摂れる
  • 赤ちゃんを見ていてもらえるので、その間に休める
  • 上の子がいる場合、かまってもらえる(友人の上の子はおばあちゃん子だったので、このメリットは大きかったそうです)

デメリット

  • 自分の家ではないので落ち着かない
  • 自分と両親とで、ペースや育児の考え方が違うと、ストレスを感じる
  • 自宅と実家の移動が面倒
  • 親も疲れる
  • 夫に家事能力がないと、自宅が悲惨な状況になる

 

 

特にありがたかったのは退院直後の時期。

赤ちゃんのいる生活のあまりの大変さに、一人だったら耐えられなかった思います。

が、ストレスを感じることもありました。

主に生活リズムや育児方法の違いからです。長く滞在していたくせに、ストレスがあったなんて失礼な話ですけどね。

さいごに

 

もしもあなたが初めての出産で、里帰りできる環境であり、自分も里帰りするのに抵抗がなければ、里帰りした方がいいと思います。

 

もし里帰りはできない・したくないなら、家族とよく話し、事前に十分な準備をしましょう。そうすれば、大変ではありますが、乗り越えられます。

詳しくはこちらでお話ししています。

【里帰り出産をしない・したくない人へ】準備・心構え・メリット・デメリットについて

 

最終的には、私たち自身と、赤ちゃん・上の子が、なるべく笑っていられることを最優先に考えましょう。

男たち(夫や父たち)のことは置いておきましょう!大人だし。自分でなんとかできるはず。こっちは命がけで出産してるんだから。

ではでは、読んでくださりありがとうございました☆彡