パートのシフトが増えた!無理なく働く心がまえとは?

こんにちは、だるまです。

私は週3〜4日、工場で軽作業パートをしているんですが…

今月に入って、出勤日がかなり増えました(*_*)主な原因は、人手不足。

できるだけ協力はするけど、頑張りすぎたくはない。だって無理するとろくなこと起きないですからね。

パートで働くのは初めてで、勝手がわからないこともある私ですが、ここらでちょっと「パートとして無理なく働くための心構え」について考えてみます。

シフトが増やされそうなときの対処法

「ボーダーライン」をハッキリさせておく

まず自分の中で、「週○日、何時から何時までなら働ける」など、具体的にしておきます。

「ちょっと忙しいから出てきて」って言われて、一度だけならと頑張って応じたものの、その後たびたび出勤要請があって困った!

…なんて話、友人から聞いたことがあります。

「頑張ればなんとかできる」っていうのは、無理している状態。

自分の「ボーダーライン」をハッキリさせて、無理をしている状態が長く続かないようにしましょう。

だって、無理している状態がず〜っと続くって、かなりストレスですもんね。

ひどくなると、心身に不調が出てくる場合もありますし。

パートの仕事だけじゃなく、私には、家のことをしたり、子供と向き合ったりする時間や体力が必要。

無理しすぎると、家族にしわ寄せがいってしまいます。それだけは避けたい。

そんな私のボーダーラインは、「出勤日は平日5日まで増やしてもいいけど、勤務時間は今より長くしたくない」です。

ボーダーラインの根拠を把握する

ボーダーラインの根拠もハッキリさせておくといいですよ。

なんとなく…だと、シフトを増やされそうなときに、断りづらくて、しどろもどろになったりして。

で、結局シフトを増やされちゃいます。

自分でしっかり考えを持っておくと、流されないですよ。

別に立派な理由じゃなくてもいいんです。

私のボーダーラインの根拠は、土日は保育園が休みだから働けないし、平日も保育園のお迎えの前には退勤していたいから。

平日夜や週末は、基本ワンオペ育児ですのでね。

保育園の預り時間を長くしてもらえば、遅くまで働けますけど。

仕事大好き!ってわけでもないのに、そこまで無理して仕事に合わせるつもりはないです。

出来ないことはハッキリ「NO」!

出来ないこと、対応できないシフトには、ハッキリNOを言いましょう。

できませんって、言いにくいですよね。

しかも、できないって言っても、人手不足だとかで対応してくれない…なんてこともありえます。

でも、それでも、やっぱり「NO」は言うべきです。

黙っていたら、了承したものとみなされます。意思表示は必ずしましょう。

でも臨機応変に

はじめに決めたボーダーラインに、こだわりすぎる必要はありません。

時間のやりくりしたら、もうちょっと働けそう!

とか思ったら、ボーダーラインはどんどん更新していきましょう。

臨機応変に。

自分自身も、まわりの状況も、変わりますもんね。

仕事のやり方も変化させて、より穏やかに過ごせるようにしましょう。

だって、パートは時給制なんだもん、働けるなら働いてお金もらえたほうが良いですもんね。

あ、あくまでも、無理のない範囲で、ですよ!

大切なのは「人と比べないこと」

週三〜四日のパートなのに…これ以上働きたくないなんて、わがまま?

週5〜6日フルタイムとか、もっと頑張ってる人はいるのに…私って、怠けてる?

なんて思う必要は、これっぽっちもありません!!

人は人。自分は自分。関係ないことです。

さいごに

「パートとして無理なく働くための心構え」は、

  • ボーダーラインをハッキリさせる
  • ボーダーラインの根拠も把握する
  • できないことは「NO」
  • でも臨機応変に!
  • 人と比べないこと

というお話でした。

今月は、いつもよりパートに時間と体力をとられて、ブログの更新もなかなかできず。はがゆい気持ち。

ではでは、読んでくださりありがとうございました。

〜あわせて読みたい〜

【4人家族の食費】節約するために内訳を調べてみた

旦那の「俺の○○どこ?」対策。私はあなたの母親じゃない

義母への手土産・プレゼントに!孫写真はネットで「しまうまプリント」がおすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です